看護師の大学卒業と専門学校卒の給与の違い

大学卒業した看護師と、専門学校を卒業した看護師では
その給与には差があるんは周知の通りです。
だいたい月額1万円程度が違うことになりますが
生涯収入金額を考えると大きな差となります。

大学を卒業するには、240万円から600万円ほどがかかることになります。
国立大学にいっても240万円ほどです。
私立の大学の看護学部にいくほど授業料は高くなります。

それに比べると医師会主催の看護専門学校などは
授業料もやすく、低額で看護師免許を取得できることになります。
実習なども多く、すぐに即戦力として活躍できる看護師を育てる
専門学校らしいカリキュラムとなっています。

大学卒看護師と、専門学校卒の看護師は
同じ業務をこなしたとしても給与に違いができるということ。
こういった点を、早くから知っておいたほうが得なのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ